​認知症の種類

<実はもう一つあると言われています。セミナーではこれを学びます>

​!!
牡丹の花束

■前頭側頭型(FTD)

比較的65歳以下の若い人にかかると言われている。

遺伝が関係する。

​全体の5%にかかるので少ないと言われている。

開花

■アルツハイマー型(AD)

知症の半数近くがかかる。

ゆっくり徐々に進行する。自覚症状なし。

​多弁になり、徘徊もある。

花の茂み

■レビー小体型(DLB)

96年に診断基準が確立された認知症で、レビー小体という特殊なタンパク質の

​かたまりが脳に生じることで引き起こされる。